なぜ乳酸菌を摂取すると抗生物質の悪影響が改善されるのか

なぜ乳酸菌を摂取すると抗生物質の悪影響が改善されるのか

乳酸菌を摂取している方々は、たまに薬に伴う悪い問題点が解決しています。抗生物質による問題点が、乳酸菌で解決される事もあるのですね。そして抗生物質には、お腹の菌類のバランスに関する悪影響があります。それを乳酸菌が調整してくれる訳です。

 

お腹のバランスを狂わせてしまう抗生物質

 

どういう事かと申しますと、まずお腹の中には悪玉と善玉という2種類の菌類が生息しています。そしてお腹の中の環境が健やかに保たれるためには、バランスが大切なのですね。その2つの菌類がバランス良く生息していればお腹の中は健やかになってくれるのですが、何らかの原因によってバランスが崩れてしまう事があるのです。それに伴って、お腹の中の環境が悪化してしまい、体調不良になってしまう事例もあります。それが前述の抗生物質なのですね。
確かに抗生物質は、人間の体調を改善してくれる事はあります。風邪に伴って抗生物質を処方される事が多いですが、それで体調が改善されていることは多々あるのですね。

 

ところがその物質には1つ問題点があって、悪い菌類だけでなく良い菌類も殺傷してしまうのです。抗生物質は、人間の体内にて生息している菌類に働きかける訳ですが、それが悪い菌類に働きかけてくれるので体調が改善される訳です。
ところが抗生物質は良い菌類も殺してしまいますので、お腹の中の環境のバランスがおかしくなってしまいます。ですので薬局などから処方されたその物質を用いた方が、お腹の環境が悪くなってしまっているケースもたまに有るのですね。つまり抗生物質には、ネガティブな効果も見られる訳です。もっとも確率は低いのですが。

 

おかしくなったバランスを元に戻してくれる乳酸菌

 

そしてお腹の中のバランスがおかしくなった時には、もちろんそれを元通りにしてあげる必要があります。その方法の1つが、前述の乳酸菌なのですね。
乳酸菌の効能の1つは、お腹の中の善玉菌を増やしてくれる事です。お腹の中を酸性寄りに傾けますと、悪玉が生息しづらい環境になります。それで善玉優勢になりますので、それだけお腹の中が健やかになりがちなのですね。

 

ちなみに以前に、ある乳酸菌のサプリを摂取した方がいらっしゃいます。その方の場合、抗生物質によってお腹の調子がおかしくなってしまっていました。ところがサプリを服用した結果、そのお腹の状態がだいぶ改善されていたようです。恐らく善玉菌が増加したので、状態が変化したのではないでしょうか。つまり、それが乳酸菌のメリットの1つですね。

 

出典>アレルギーの方のための乳酸菌入門